2018年4月15日日曜日

【179冊目】Jonathan Swift, Gulliver's Travels(Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算179冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の17冊目として、

アイルランド生まれの小説家
ジョナサン・スウィフト
(Jonathan Swift, 1667年11月-1745年10月)の
小説『ガリヴァー旅行記』を読みました。

著者58歳の時(1726年10月)に出版された作品です


Jonathan Swift
Gulliver's Travels
 ガリバー旅行記[新版]

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2014年4月
15,350語 ※編訳者の記載なし。


[新版]とあるので調べてみると、
旧版は2006年12月に同シリーズのレベル4[23,500語]として刊行されていました。

旧版(レベル4)には
 第1部 リリパット(小人国)への航海
 第2部 ブロブディンナグ(大人国)への航海
 第3部 ラピュータ、バルニバービ、ラグナグ、
     グラブダブドリッブ、および日本への航海
 第4部 フウイヌム(馬の国)への航海
のうち第1・2部が収録されているのに対して、

新版(レベル3)には第1部のみが収録されていました。


やさしい英語では、

2013年9月に
ペンギン・リーダーズの
レベル2(600語レベル/9,681語)

で読んで以来なので、2回目の挑戦となりました。


 ***

さて、
あらすじだけをたどれば、
突拍子もないアイデアの
独創性にあふれた物語なのですが、

実際に読んでみると、
筆者の作為がみえみえなのと、
叙述が平坦で退屈に感じられて、
それほど面白いとは思えませんでした。

また、
やさしい英語に直されているものの、
290年前の英文を反映しているからか、
難しい言い回しが多かったように感じました。

今回読んでみて、やはり
それほど惹き込まれることはなかったのですが、
アイデアが独創的であることは間違いないので、
今後時間を置いてから、
機会があれば再読してみようと思います。


  ***

翻訳は、読みやすさ重視で選ぶなら、
坂井晴彦(さかいはるひこ)訳が一番です。


坂井晴彦(さかいはるひこ)訳
C・E・ブロック(絵)
『ガリヴァー旅行記(上・下)』
(福音館文庫 C-20・21、2006年1月◇288・325頁)
 ※初出は箱入りの1冊本で、福音館書店
  (福音館古典童話シリーズ26、1988年1月◇586頁)刊行。

坂井訳と同時期に、
 岩波文庫の平井正穂訳『ガリヴァー旅行記』
 新潮文庫の中野好夫訳『ガリヴァ旅行記』
の2編も手に入れましたが、
どちらも活字が小さい上にかなりすり減っていて、
読むのが辛い状態でした。

 その後改版して活字が大きくなり、
 以前とはだいぶ印象が異なって、
 かなり読みやすい印象なので、
 時期をみて挑戦してみようと思います。

また7年程前に、
角川文庫から山田蘭(やまだらん)訳が出たので、
すぐに手に入れましたが、

坂井訳ほどは訳文がこなれていない印象だったので、
少し読んでそのまま置いてあります。

山田蘭(やまだらん)訳
『ガリバー旅行記』
(角川文庫、2011年3月◇461頁)

角川文庫は新しいものでも活字が小さめなので、
その分損をしているようにも感じます。


※第179冊目。総計1,803,203語。


2018年3月30日金曜日

【178冊目】Daniel Defoe, Robinson Crusoe(Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算178冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の16冊目として、

イギリスの小説家
ダニエル・デフォー
(Daniel Defoe, 1660年9月~1731年4月)の
小説『ロビンソン・クルーソー』を読みました。

著者58歳の時(1719年4月)に出版された作品です


Daniel Defoe
Robinson Crusoe
 ロビンソン・クルーソー[新版]

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2013年9月
15,350語 ※編訳者の記載なし。


[新版]とあるので調べてみると、
旧版は2006年11月に同シリーズのレベル3として刊行されていました。

レベルが異なりますが、見比べてみると、
同じ章構成のうえ文章もよく似ているので、

旧版(レベル3)を簡略化して[新版](レベル2)ができたことがわかります。


やさしい英語では、

2013年7月に
ペンギン・リーダーズの
レベル2(600語レベル/9,711語)、

2014年6月に
オックスフォード・ブックワームズの
ステージ2(700語レベル/6,830語)

で読んで以来なので、
3回目の『ロビンソン・クルーソー』になりました。


 ***

小学生のころに、
夢中になって繰り返し読んだ物語なので、

既知のストーリーを楽しみながら、
どんどん読み進めることができました。

デフォーの創作ですが、
あたかも実際に起こったことを、
一つ一つ記録するように書かれているので、

その場で書かれた日記を読むような、
臨場感豊かな印象を受けました。


翻訳は、5年程前に、
武田将明(たけだまさあき)氏による
全訳を読んでみたところ、

読みやすい訳文にもかかわらず、
原文そのままの構成では
多少冗長で、まどろっこしい印象が残りました。


武田将明(たけだまさあき)訳
『ロビンソン・クルーソー』
(河出文庫、2011年9月◇499頁)

今回は、
海保眞夫(かいほまさお)氏の編訳を隣において
読み進めたのですが、

原文をよく吟味し、
冗長な部分をうまく整理した
知的な読みやすい翻訳に仕上がっていました。


海保眞夫(かいほまさお)訳
『ロビンソン・クルーソー』
(岩波少年文庫、2004年3月◇349頁)

なお以前は活字が小さくて、
老眼が入りかけている身には読みづらかった

 岩波文庫の平井正穂(ひらいまさお)訳、
 新潮文庫の吉田健一(よしだけんいち)訳

の2編は、
改版して活字が大きくきれいになり、
かなり読みやすくなりました。

これなら少し昔の訳でも読めるかなと思っているところです。


※第178冊目。総計1,787,853語。


2018年3月15日木曜日

【177冊目】R.S.Stevenson, Dr.Jekyll and Mr.Hyde(Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算177冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の15冊目として、

スコットランド生まれの小説家
ロバート・ルイス・スティーヴンソン
(1850年11月~1894年12月)の
小説『ジキルとハイド』を読みました。

著者35歳の時(1886年1月)に出版された作品です


R. L. Stevenson
Dr. Jekyll and Mr. Hyde
 ジキルとハイド[新版]

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2014年6月
11,970語 ※編訳者の記載なし。

[新版]とあるので旧版を探してみると、
2006年8月にラダーシリーズのレベル4として刊行されていました。

レベルが2つも違うのですが、
見比べてみると、全く同じ章構成で、
文章もよく似ているので、
旧版(レベル4)を簡略化して
[新版](レベル2)ができたことがわかります。

やさしい英語では、2012年3月に
マクミラン・リーダーズのレベル3
(1,100語レベル/9,340語)で読んで以来なので、
2回目の『ジキルとハイド』になりました。

ただスティーブン独特の
よく練り込まれた文体が反映されているからか、
レベル2にしては文の構造がわかりにくく感じました。


  ***

翻訳は読みやすさ重視で選ぶなら、
岩波少年文庫の海保眞夫(かいほまさお)訳が一番です。


海保眞夫(かいほまさお)訳
『ジーキル博士とハイド氏』
(岩波少年文庫、2002年1月◇173頁)

海保訳は、この7年程前(1997年11月)に、
岩波文庫から大人向けの翻訳も刊行されていたからか、

原文に忠実かつよくこなれた訳文になっていて、
日本語として違和感を感じさせない、
見事な翻訳に仕上がっていると思います。

もとの岩波文庫のほうも、
少年文庫版ほど読みやすくはありませんが、
大人向けの味のある訳文ではあるので、
いずれじっくり取り組んでみたいです。

海保眞夫訳
『ジーキル博士とハイド氏』
(岩波文庫、1994年11月◇144頁)


ほかの訳本はまだ網羅していないので、
取り敢えず手元にある訳本を掲げておきます。
◯印をつけたものが読みやすいです。

 佐々木直次郎(ささきなおじろう)訳
 『ジーキル博士とハイド氏』
 (新潮文庫、1950年*月◇119頁)

◯大谷利彦(おおたにとしひこ)訳
 『ジーキル博士とハイド氏』
 (角川文庫、1963年2月◇126頁)

 田中西二郎(たなかにしじろう)訳
 『ジーキル博士とハイド氏』
 (新潮文庫、1967年3月◇頁)

 百々佑梨子(ももゆりこ)訳
 『ジキル博士とハイド氏』
 (ポプラポケット文庫、2006年12月◇174頁)
  ※初出はポプラ社文庫(1985年7月◇174頁)

◯加藤まさし訳
 『ジキル博士とハイド氏』
 (講談社青い鳥文庫、1999年4月◇217頁)

 夏来健次(なつきけんじ)訳
 『ジキル博士とハイド氏』
 (創元推理文庫、2001年8月◇154頁)

 村上博基(むらかみひろき)訳
 『ジーキル博士とハイド氏』
 (光文社古典新訳文庫、2009年11月◇159頁)

 田口俊樹(たぐちとしき)訳
 『ジキルとハイド』
 (新潮文庫、2015年1月◇153頁)

 田内志文(たうちしもん)訳
 『新訳 ジキル博士とハイド氏』
 (角川文庫、2017年4月◇144頁)

スティーブンソンの文章を、
日本語としてうまく翻訳するのは一筋縄ではいかないようで、
新しいものが必ずしも読みやすいわけではないので、
注意が必要です。


※第177冊目。総計1,772,503語。

2018年2月26日月曜日

【176冊目】O.Henry's American Scenes (Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算176冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の14冊目として、

アメリカの小説家
オー・ヘンリー(O.Henry, 1862年9月-1910年6月)の短編集
『オー・ヘンリー傑作短編集』を読みました。


O.Henry's American Scenes

Retold by Elinor Chamberlain

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2005年8月
13,210語

前作から引き続き、
やさしい英語で5冊目のオー・ヘンリー短編集となります。

収録作品は、
1) The Gift of the Magi
2) The Last Leaf
3) The Cop and the Anthem
4) A Retrieved Reformation
5) After Twenty Years
6) Transients in Arcadia
7) The Green Door
の7編です。どれも原題そのままです。


  ***

1) The Gift of the Magi は、
オー・ヘンリーが44歳の時(1906)に刊行された
第2短編集『The Four Million (四百万)』に収録されました。

邦訳は「賢者の贈りもの」という題で、


 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(二)』
 (新潮文庫、1969年3月。39刷改版、1987年12月)

に収録。そのほか同じ題名で、


 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅰ 賢者の贈りもの』
 (新潮文庫、2014年12月)

にも収録されています。


2) The Last Leaf は、
著者が45歳の時(1907)に刊行された
第3短編集『The Trimmed Lamp (手入れのよいランプ)』に収録されました。

邦訳は「最後の一葉」という題で、


 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(三)』
 (新潮文庫、1969年4月。42刷改版、1988年7月)

に収録。そのほか「最後のひと葉」という題で、


 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅱ 最後のひと葉』
 (新潮文庫、2015年11月)

にも収録されています。


3) The Cop and the Anthem は、
著者が44歳の時(1906)に刊行された
第2短編集『The Four Million (四百万)』に収録されました。

邦訳は「警官と讃美歌」という題で、


 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(一)』
 (新潮文庫、1969年3月。40刷改版、1987年5月)

に収録。そのほか「巡査と讃美歌」という題で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅰ 賢者の贈りもの』
 (新潮文庫、2014年12月)

にも収録されています。


4) A Retrieved Reformation は、
著者が47歳の時(1909)に刊行された
第7短編集『Roads of Destiny (運命の道)』に収録されました。

邦訳は「よみがえった改心」という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(一)』
 (新潮文庫、1969年3月。40刷改版、1987年5月)

に収録。そのほか「再生の再生」という題で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅱ 最後のひと葉』
 (新潮文庫、2015年11月)

にも収録されています。


5) After Twenty Years は、
著者が44歳の時(1906)に刊行された
第2短編集『The Four Million (四百万)』に収録されました。

邦訳は「二十年後」という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(二)』
 (新潮文庫、1969年3月。39刷改版、1987年12月)

に収録。そのほか同じ題名で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅰ 賢者の贈りもの』
 (新潮文庫、2014年12月)

にも収録されています。


6) Transients in Arcadia は、
著者が46歳の時(1908)に刊行された
第5短編集『The Voice of the City (都会の声)』に収録されました。

邦訳は「桃源境の短期滞在客」という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(一)』
 (新潮文庫、1969年3月。40刷改版、1987年5月)

に収録。そのほか「理想郷の短期滞在客」という題で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅰ 賢者の贈りもの』
 (新潮文庫、2014年12月)

にも収録されています。


7) The Green Door は、
著者が44歳の時(1906)に刊行された
第2短編集『The Four Million (四百万)』に収録されました。

邦訳は「緑の扉」という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(一)』
 (新潮文庫、1969年3月。40刷改版、1987年5月)

に収録。そのほか「緑のドア」という題で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅰ 賢者の贈りもの』
 (新潮文庫、2014年12月)

にも収録されています。


もう一点、光文社古典新訳文庫の
芹澤恵(せりざわめぐみ)訳との対応も示しておきます。
7編中6編が収録されています。


 芹澤恵(せりざわめぐみ)訳
 『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』
 (光文社古典新訳文庫、2007年10月)

4)「甦った改心」(164頁~)
6)「楽園の短期滞在客」(205頁~)
5)「二十年後」(316頁~)
2)「最後の一葉」(325頁~)
3)「警官と賛美歌」(340頁~)
1)「賢者の贈り物」(356頁~)


  ***

同じラダー・シリーズで、
2冊目のオー・ヘンリーでした。

どちらかというと、
こちらの方が前に読んだ記憶のある
作品がたくさんあって読みやすかったです。

変化球で技巧を凝らした作品は、
あまり好きでないはずなのですが、
扱うテーマが直球だからか、
それなりに記憶に残って、
また読んでみたいなと思えます。

少し時間を置いてから、
もう少しレベルを上げて、
また挑戦しようと思います。


※第176冊目。総計1,760,533語。



2018年2月12日月曜日

【175冊目】Best Short Stories of O.Henry (Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算175冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の13冊目として、

アメリカの小説家
オー・ヘンリー(O.Henry, 1862年9月-1910年6月)の短編集
『ベスト・オブ・オー・ヘンリー』を読みました。


Best Short Stories of O.Henry

Retold by David Olivier

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2005年8月
8,010語

やさしい英語では、

2011年10月に
マクミラン・リーダーズの
レベル2(600語レベル)の1冊、

『The Last Leaf
  and Other Stories 』(7410語)

2014年7月に
オックスフォード・ブックワームの
ステージ2(700語レベル)の2冊、

『New Yorkers
  Short Stories 』(5,895語)

『One Thousand Dollars
  and Other Plays 』(5,333語)

を読んで以来なので、
4冊目のオー・ヘンリー短編集となります。

収録作品は、
1) Witches' Loaves
2) Hearts and Hands
3) By Courier
4) The Defeat of the City
5) The Lost Blend
6) Springtime à la Carte
の6編です。どれも原題そのままです。


  ***

1) Witches' Loaves は、
オー・ヘンリーが亡くなった翌年(1911)に刊行された
短編集『Sixes and Sevens (てんやわんや)』に収録されました。

邦訳は善女のパンという題で、


 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(一)』
 (新潮文庫、1969年3月。40刷改版、1987年5月)

に収録。そのほか魔が差したパンという題で、


 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅲ 魔が差したパン』
 (新潮文庫、2015年12月)

にも収録されています。


2) Hearts and Hands は、
没後7年をへて1917年に刊行された
短編集『Waifs and Strays (がらくた)』に収録されました。

邦訳は心と手という題で、


 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(三)』
 (新潮文庫、1969年4月。42刷改版、1988年7月)

に収録。そのほか同じ題名で、


 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅱ 最後のひと葉』
 (新潮文庫、2015年11月)

にも収録されています。
 

3) By Courier は、
著者が44歳の時(1906)に刊行された
第2短編集『The Four Million (四百万)』に収録されました。

邦訳は愛の使者という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(三)』
 (新潮文庫、1969年4月。42刷改版、1988年7月)

に収録。そのほか使い走りという題で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅲ 魔が差したパン』
 (新潮文庫、2015年12月)

にも収録されています。


4) The Defeat of the City は、
著者が46歳の時(1908)に刊行された
第5短編集『The Voice of the City (都会の声)』に収録されました。

邦訳は「都会の敗北」という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(三)』
 (新潮文庫、1969年4月。42刷改版、1988年7月)

に収録。そのほか同じ題名で、

 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅲ 魔が差したパン』
 (新潮文庫、2015年12月)

にも収録されています。


5) The Lost Blend は、
著者が45歳の時(1907)に刊行された
第3短編集『The Trimmed Lamp (手入れのよいランプ)』に収録されました。

邦訳はうしなわれた混合酒という題で、


 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(二)』
 (新潮文庫、1969年3月。39刷改版、1987年12月)

にも収録されています。
(小川訳には未収録。)


6) Springtime à la Carte は、
著者が44歳の時(1906)に刊行された
第2短編集『The Four Million (四百万)』に収録されました。

邦訳はアラカルトの春という題で、

 大久保康雄(おおくぼやすお)訳
 『O・ヘンリ短編集(一)』
 (新潮文庫、1969年3月。40刷改版、1987年5月)

に収録。そのほか春はアラカルトという題で、


 小川高義(おがわたかよし)訳
 『O・ヘンリー傑作選Ⅰ 賢者の贈りもの』
 (新潮文庫、2014年12月)

にも収録されています。
 

もう一点、光文社古典新訳文庫の
芹澤恵(せりざわめぐみ)訳との対応も示しておきます。
6編中4編が収録されています。


 芹澤恵(せりざわめぐみ)訳
 『1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編』
 (光文社古典新訳文庫、2007年10月)

6)「献立表の春」(18頁~)
5)「幻の混合酒(ブレンド)」(190頁~)
2)「心と手」(270頁~)
1)「ミス・マーサのパン」(306頁~)


  ***

O・ヘンリーのように、
巧みな仕掛けで読ませる文章は、
それほど好きではないので、
自分から積極的に読むことはないのですが、

時々読むと、
それなりに感動していいなと思えます。

彼の複雑な人生を反映しているのか、
ただ巧みなだけではなく、
人生の喜びや哀しみ、成功や失敗の一場面を切り取って、
感動的に描いてみせるので、
うまく乗せられた時は、さすがだなと思えます。

有名な作品ばかりかもしれませんが、
個人的にどれも初めて読むものばかりだったので、
新鮮な感動が味わえました。

やさしくしているので、
それほど難しい英文ではありませんが、
切りつめている分、どんなお話か知らないと、
意味が取りにくいかもしれません。


※第175冊目。総計1,747,323語。