2018年1月30日火曜日

【174冊目】Frances H. Burnett, The Secret Garden (Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算174冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の12冊目として、

イギリス生まれの小説家
フランシス・ホジソン・バーネット
(Frances Hodgson Burnett, 1849年11月-1924年10月)の
小説『秘密の花園 The Secret Gardenを読みました。

著者61歳の時(1911年8月)に出版された作品です
(アメリカ版。イギリス版は同年10月)


Frances Hodgson Burnett
The Secret Garden

Retold by Ron Davidson

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2005年8月
20,910語

やさしい英語では、

2012年7月に
ペンギン・アクティブ・リーディングの
レベル2(600語レベル/9,944語)、

2014年11月に
オックスフォード・ブックワームの
ステージ3(1,000語レベル/10,715語)

の2回読んでいるので、
今回が3回目の挑戦になりました。

これまでの2倍の分量で、
それなりに読みでがありましたが、

既によく知っている作品なので、
滞りなく読み進めることができました。

傷つき荒れ果て、固く閉ざされた人の心が、

植物を中心とした
命あるものとの関わりのなかで徐々に癒され、
再生されていく様を描いた見事な作品で、
感銘を受けました。

個人的に、
大好きな作品であることを再確認できました。
これはぜひ、原著のままで自由に読みこなせるようになりたいです。


  ***

バーネットの『秘密の花園』は、
『小公子』や『小公女』と違って、
書名すら知る機会がなかったのですが、

今から十年程前に、光文社古典新訳文庫の
土屋京子(つちやきょうこ)訳を読んで、
感銘を受けたのが初めてでした。


土屋京子(つちやきょうこ)訳
『秘密の花園』
(光文社古典新訳文庫、2007年5月◇507頁)

土屋訳で十分満足して、
他の訳をあまり見ていなかったので、
今回いくつか手に入れてみました。


龍口直太郎(たつのくちなおたろう)訳
『秘密の花園』
(新潮文庫、1954年1月。36刷改版、1993年6月◇427頁)


中山知子(なかやまともこ)訳
『秘密の花園(上・下)』
(春陽堂少年少女文庫
 〔世界の名作・日本の名作55・56〕1978年3月◇263・310頁)

 ⇒徳田秀雄(とくだひでお)絵
  『秘密の花園(上・下)』
  (講談社青い鳥文庫、1991年6・7月◇251・243頁)


猪熊葉子(いのくまようこ)訳
堀内誠一(ほりうちせいいち)絵
『秘密の花園』
(福音館書店〔福音館古典童話シリーズ〕1979年10月◇456頁)

 ⇒『秘密の花園』
  (福音館文庫、2003年6月◇456頁)


山内玲子(やまのうちれいこ)訳
シャーリー・ヒューズ(Shirley Hughes)絵
『秘密の花園(上・下)』
(岩波少年文庫124・125、2005年3月◇頁)


栗原ちひろ(くりはら)訳
椎名優(しいなゆう)絵
『秘密の花園』
(角川つばさ文庫、2012年10月◇241頁)


谷口由美子(たにぐちゆみこ)訳
藤田香(ふじたかおり)絵
『秘密の花園1 ふきげんな女の子』
『秘密の花園2 魔法の力』
『秘密の花園3 動物と話せる少年』
(講談社青い鳥文庫、2013年2・3・6月◇179・271・187頁)


畔柳和代(くろやなぎかずよ)訳
『秘密の花園』
(新潮文庫、2016年6月◇439頁)

この中では、
最初に読んだ贔屓目があるかもしれませんが、

現代のふつうの日本語として、
違和感のない、わかりやすい訳文に仕上がっていて、
土屋訳が一歩秀でているように感じました。

ただし子供向けに、
やさしく噛み砕いた文体で訳されているわけではないので、
小学生向きではないと思います。

子供向けに噛み砕いた文体で、
しかし原文にそって丁寧に訳されていたのは、
講談社青い鳥文庫の谷口訳です。

土屋訳とはだいぶ趣きが異なり、
絵柄もあまり好きなタイプではないのですが、
別の魅力が引き出されているとも言えるので、
次に読むときは、谷口訳もありかなと思っています。


※第174冊目。総計1,739,313語。

2018年1月16日火曜日

【173冊目】Mark Twain, Huckleberry Finn (Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算173冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の11冊目として、

アメリカの小説家
マーク・トウェイン(1835.11-1910.4)の
小説『ハックルベリー・フィンの冒険』を読みました。

著者49歳の時(1884.12)に出版された作品です
(イギリス版。アメリカ版は1885年2月)


Mark Twain
Huckleberry Finn

Retold by Diane Gruenstein

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2005年8月
17,020語

調べてみると、

2011年9月に
マクミラン・リーダーズの
レベル3(600語レベル/8,621語)、

2014年11月に
オックスフォード・ブックワームの
ステージ2(700語レベル/6,180語)、

2016年10月に
ペンギン・アクティブ・リーディングの
レベル3(1200語レベル/13,826語)

の3回読んでいるので、
やさしい英語では実に4回目の
『ハックルベリー・フィンの冒険』になりました。


  ***

全訳も読了しているので、
それほど立ち止まることもなく、
最後まで読み進めることができました。

ただトウェインの文章を反映しているのか、
簡単そうに見えて、意外に読みにくい印象が残りました。

前作『トム・ソーヤーの冒険』よりも
文学史上の評価が高い作品ですが、

実際手に取ってみると、
まとまりに欠くところもあって、
それほど読みやすいわけではないので、

まだ自分にとって、
いろいろ謎の残る作品でもあります。

それでも少し時間がたつと、
また読み返したくなる不思議な魅力がある作品なので、
またいずれ機会をみて再読したいと思います。


  ***

翻訳は、読みやすさを重視するなら、
斉藤健一(さいとうけんいち)氏の講談社青い鳥文庫が最適です。


斉藤健一(さいとうけんいち)訳
『ハックルベリー=フィンの冒険(上・下)』
(講談社青い鳥文庫、1996年9月◇333・329頁)

斉藤訳に出会って初めて「ハックルベリー」の方も、
ふつうに読んで面白い作品であることを実感できました。

今回改めて調べてみると、最近、
柴田元幸(しばたもとゆき)訳と
千葉茂樹(ちばしげき)訳が刊行されていることを知りました。


柴田元幸(しばたもとゆき)訳
『ハックルベリー・フィンの冒けん』
(研究社、2017年12月◇558頁)


千葉茂樹(ちばしげき)訳
『ハックルベリー・フィンの冒険(上・下)』
(岩波少年文庫、2018年1月◇352・352頁)

柴田訳は新潮文庫の
『トム・ソーヤー』が良かったので期待大なのですが、
凝りすぎな読みにくい訳文になっていないか、
少し心配しています。

千葉訳は岩波少年文庫からの刊行なので、
近々手に取ってみようと思っています。


※第173冊目。総計1,718,403語。

2018年1月10日水曜日

ローラ・インガルス・ワイルダー著〔恩地三保子訳〕『大きな森の小さな家』(1972年翻訳刊行)

アメリカの作家
ローラ・インガルス・ワイルダー
(Laura Ingalls Wilder, 1867年2月~1957年2月)の
小説『大きな森の小さな家
    Little House in the Big Woodsを読みました。

著者35歳の時(1932)に出版された作品です

計10冊からなる
「インガルス一家の物語」の第1冊目です。


ローラ・インガルス・ワイルダー著
ガース・ウィリアムズ絵
恩地三保子(おんちみおこ)訳
『大きな森の小さな家』
(福音館書店、1972年7月◇254頁)


 ⇒福音館文庫(2002年6月◇256頁)にて再刊。

この作品は、
幼い頃にテレビで見かけた記憶があったので、
この機会に調べてみました。

もとはアメリカのテレビ局NBCで制作された番組で、
Little house on the Prairieという題で、
1974年から1982年まで全9シーズンにわたって放映されました。

日本でもほぼ同時期(1975~82年)に、
NHK総合テレビジョンで
「大草原の小さな家」という題で放映されているので、
それを時折、家のテレビで眺めていたのだと思います。

 ※Wikipediaの「大草原の小さな家」の項目を参照。

自分がちょうど3歳から10歳の時
(1975-82年)に放映されているので、
映像のみ何となく頭に残っているのもうなずけます。


  ***

とはいっても、
どんなお話だったのかは全く記憶になく、

40代になったころに面白そうだと興味がわいて、
翻訳をいくつか購入してみたのですが、

実際に読んでみると、
それほど起伏に富んだお話ではなく、
途中で退屈して止めてしまうこと数回。

はじめは翻訳のせいかとも思い、
いくつか手に取った上で、最終的に
恩地三保子(おんちみおこ)訳に落ちついたものの、

こちらも時折、
立ち止まりながら少しずつ読み進めたので、
1冊読み終わるまでずいぶん時間がかかりました。

手に汗握る冒険の物語が展開されている訳ではないのですが、

あくまで女性の目から見た
古き良きアメリカの素朴な生活誌なのだとわかれば、
合点がいくように思われました。

一人の女の子の目からみた一家の歴史なので、
男の視点とは違っていて当然であり、

1冊読み進めるうちに、
その違いを楽しむことができたらいいな
と思えるようになって来ました。

だんだん魅力がわかるようになってきたので、
第2冊『大草原の小さな家』に進みたいと思います。


  ***

なお『大きな森の小さな家』の英文は、
ぱっと見かなりわかりやすいので、
原文のままで読む英書の、
最初の1冊にしようかなと思案中です。

多読が200万語をこえたあたりで、
児童書のなかから自分に読めそうなものを選んで、
1冊ずつ読み進める計画を立てています。

日本語の小説を読むように、
英語で読み進められたら素敵だなと。

2017年12月29日金曜日

【172冊目】Frances H. Burnett, A Little Princess (Ladder Series Level 2)

やさしい英語の本、通算172冊目は、
IBCパブリッシング・ラダーシリーズの
レベル2(1300語レベル)の10冊目として、

イギリス生まれの小説家
フランシス・ホジソン・バーネット
(Frances Hodgson Burnett, 1849年11月-1924年10月)の
小説『小公女 A Little Princessを読みました。

この小説は初め、
Sara Crewe; or, What happened at Miss Minchin's
という題名で、

アメリカの児童雑誌『セント・ニコラス』の
1887年12月号・88年1月号・同年2月号に連載されたのち、
(『ST. NICHOLAS Volume XV. Part I』97・168・252頁を参照)
1888年中に単行本として刊行されました。
(New York, Charles Scribner's Sons 1888◇83頁)

その後1902年に
A Little Un-fairy Princess
という題名で舞台化されるとともに大幅加筆され、

1905年9月に最終稿として、
A Little Princess: Being the Whole Story of Sara Crewe Now Being Told for the First Time
の題名で単行本が刊行されました。
(New York, Charles Scribner's Sons 1905年9月◇266頁)

つまりこの作品は、バーネットが
38歳の時(1887年12月)に初稿が発表されたのち、
15年以上をへた55歳の時(1905年9月)に、
改訂増補された最終稿が完成していたことになります。


Frances Hodgson Burnett
A Little Princess

Retold by Diane Gruenstein

〔Ladder Series Level 2〕
IBC Publishing,Inc. 2005年8月
13,780語


クリスマスの雰囲気に合った作品をもう一つと、
バーネットの『小公女』を読みました。

やさしい英語では、

2012年4月に
オックスフォード・ブックワームズの
ステージ1(400語レベル/5,840語)

で読んで以来2回目の挑戦になりました。


  ***

こちらはどちらかといえば女子向けの作品なので、
若いころはまったく興味がわかなかったのですが、

30代後半に『秘密の花園』を読んで、
バーネットの魅力に気がついてから、

『小公女』と『小公子』も読んで、
バーネット作品のファンになりました。

今回読んでみても、
前向きに生きることの意味を考えさせられる
夢のある楽しいお話で、ますます良く出来た作品であることを再確認しました。

この作品はぜひ、原書のまま楽しんで読み進められるようになりたいと思っています。

翻訳は今回、
岩波少年文庫の脇明子(わきあきこ)訳を
手元に置いて読み進めました。


脇明子(わきあきこ)訳
小西英子(こにしえいこ)絵
『小公女』
(岩波少年文庫、2012年11月◇430頁)

落ちついた印象のわかりやすい訳文で、
安心してお薦めできる一冊に仕上がっていました。

ただその後改めて、最初に読んだ
鈴木美朋(すずきみほ)訳を取り出してみると、

現代の小説のようにすっと心に入り込んでくる
リズムの良い、瑞々しい訳文で、
やっぱり鈴木訳もいいな、と思い直しました。


鈴木美朋(すずきみほ)訳
『小公女』
(ヴィレッジブックス、2012年3月◇349頁)

ルビも挿絵もないので、
子供向けではないかもしれませんが、
ほかの訳者にしっくり来ない場合は、
一度読んでみることをお薦めします。

個人的に一番お気に入りの翻訳です。


※第172冊目。総計1,701,383語。

2017年12月23日土曜日

【読了】C・S・ルイス著〔土屋京子訳〕『ナルニア国物語④ カスピアン王子』(2017年6月刊行)

北アイルランド生まれの小説家
クライブ・ステープルス・ルイス
(Clive Staples Lewis, 1898年11月29日生-1963年11月22日没)
の小説『カスピアン王子 Prince Caspianを読みました。

全7巻からなる『ナルニア国物語』の1冊で、
著者55歳の時(1951年10月:英国、52年9月:米国)
シリーズ2番目に刊行されました。

物語の時系列では4番目のお話なので、
土屋訳では第4巻として刊行されました。


土屋京子訳
『ナルニア国物語④ カスピアン王子』
(光文社古典新訳文庫、2017年6月)

  ***

岩波少年文庫の瀬田訳と、
光文社古典新訳文庫の土屋訳との関係を整理しておきます。

◎瀬田貞二(せたていじ, 1916.4-1979.8)訳
ナルニア国ものがたり(瀬田訳)
 1『ライオンと魔女』
  (1966年5月刊行)←〔1950年10月英国、同年11月米国〕
 2『カスピアン王子のつのぶえ』
  (1966年7月刊行)←〔1951年10月英国、52年9月米国〕
 3『朝びらき丸 東の海へ』
  (1966年8月刊行)←〔1952年9月英国・米国〕
 4『銀のいす』
  (1966年10月刊行)←〔1953年9月英国、10月米国〕
 5『馬と少年』
  (1966年11月刊行)←〔1954年9月英国、10月米国〕
 6『魔術師のおい』
  (1966年9月刊行)←〔1955年5月英国、10月米国〕
 7『さいごの戦い』
  (1966年12月刊行)←〔1956年3月英国、9月米国〕

◎土屋京子(つちやきょうこ, 1956- )訳
ナルニア国物語(土屋訳)
 1『魔術師のおい』
  (2016年9月刊行)←〔1955年5月英国、10月米国〕
 2『ライオンと魔女と衣装だんす』
  (2016年12月刊行)←〔1950年10月英国、同年11月米国〕
 3『馬と少年』
  (2017年3月刊行)←〔1954年9月英国、10月米国〕
 4『カスピアン王子』
  (2017年6月刊行)←〔1951年10月英国、52年9月米国〕
 5『ドーン・トレッダー号の航海』
  (2017年10月刊行)←〔1952年9月英国・米国〕
 6『銀の椅子』
  (2017年12月刊行)←〔1953年9月英国、10月米国〕
 7『最後の戦い』
  (※2018年3月刊行予定)←〔1956年3月英国、9月米国〕


  ***

第3巻『馬と少年』からしばらく空きました。

読み始めたら安定のおもしろさで、
一気に読み進めることができました。

強烈な個性を放つわけではないのですが、
兄弟姉妹を中心としたありきたりな人と人との触れ合い、
ありがちな冒険のお話が気になって頁を繰っているうちに、
いつの間にか終わりを迎えている印象で、
また次も読もうかなと思わせられる1冊でした。

これといった毒のない作品なので、
大人が初めて読むと今一つ物足りなく感じられることがあるかもしれませんが、

人との関わり方や、
善悪の倫理的な価値観について
常識的な部分を崩していない作品は、

小中学生のころに出会えていたら、
大きな心の支えになってくれただろうなと思えて来ました。

忙しい冬を過ごしているので、
また少し時間が空くかもしれませんが、
のんびり第7巻まで読み進めたいと思います。